カラメルは、砂糖・ぶどう糖などの糖類を熱処理して得られる天然の着色料です。昭和商事は日本で最初にカラメルの生産に成功し、現在まで多種多様なカラメルを開発し、カラメル文化の基礎を築いてまいりました。天然物を原料とした色素ですから安全性も認められ、食品の持つイメージカラーとして欠くことのできない重要な要素を持っております。
醤油、ソースなどの調味料の着色から、コーラに代表される清涼飲料水、乳飲料、菓子、パン、プリンなどさまざまな食品に使用され年々需要は拡大しております。

一般液状カラメル

品 名

特 性

主 用 途

色 価

赤味率

ボーメ

P H

FF

従来の焙焼法で作られた耐食塩性のカラメルです。

醤油、ソース、佃煮、製菓、製パン、たれ、スープ、その他一般食品用

1.6

140

36.0

4.5

FFR

1.4

200

35.0

6.7

F

高色力、耐酸性のもので酢馴れが良く、ソース用としても最適です。

2.2

130

36.0

4.5

FA-2

2.8

130

33.5

4.5

FB

赤味のすぐれた鮮明な色調を持ち流動性で、易溶性です。

1.8

220

34.0

4.5

砂糖製液状カラメル

品 名

特 性

主 用 途

色 価

赤味率

ボーメ

P H

FS

砂糖を焙焼して作られたもので、最も赤味が強く光沢、乾燥性にすぐれています。

醤油、ソース、佃煮、製菓、製パン、たれ、スープ、その他一般食品用

1.0

300

35.0

6.0

FS-250T

1.2

250

35.0

6.5

FS-350S

0.9

350

36.0

6.0

FS-400S

0.7

400

38.0

6.0

粉末カラメル(取扱商品)

品 名

特 性

主 用 途

色 価

赤味率

P H

P-180

FFカラメルの粉末品

粉末スープ等の乾燥食品、インスタント食品用、その他

2.3

140

4.5

C-85

ブドウ糖焙焼カラメルの
粉末品

1.7

180

5.9

SS

砂糖製カラメルの粉末品

1.6

230

5.9

SSW

1.6

300

5.9

使 用 基 準:


食品への表示例:

本品は下記の食品には使用しないで下さい。
こんぶ類、食肉、豆類、野菜類、わかめ類(これらの加工食品を除く)。
鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類。
着色料(カラメル)またはカラメル色素。